アスリートは風邪を引きやすい!?有酸素運動と免疫の話

   

ジムに通い始めて2週間、風邪を引きました。

ジムでお風呂に入ったあとに氷点下の屋外を歩いて帰る時に湯冷めでもしたのかな?なんて思っていたのですが、管理栄養士の友人に話をしてみたところ「それ急に運動始めたからだよ」と思ってもみなかったコメントをもらいました。

運動しすぎで風邪をひくことなんてあるのでしょうか?

運動しすぎると免疫力が低下する

急に運動をはじめて筋肉を酷使していると、免疫力が低下するのだそうです。運動したほうが健康になりそうな感じがするのになぜでしょうか?

私は週4回ジムに通うことを目標にしていて(実際は週6とかで行っていたのですが)、それまでは運動習慣は週に1度のスノーボード程度。全く運動していない人よりはマシですけど、運動しているうちに入らないのでは?という程度の運動しかしていませんでした。

それが、泳ぐわ、筋トレするわ、ヨガするわ、しかも、全部いきなり。同時に始めて、同時並行で負荷を上げていっています。

そうすると、急に酷使されはじめた筋肉が、もとの状態に回復する前に次のダメージを受けるので、どんどん炎症を起こす状態になっていくのだそうです。

本人の意思で運動を始めたているのですが、身体のほうはいきなりの刺激にびっくり、スクランブル警報、「緊急事態発生、緊急事態発生ーー!!」と大慌てするようで、普段は免疫のほうに回しているリソースを、筋肉の炎症を抑えるほうに回すようになるため、免疫が手薄になり、風邪を引きやすくなるのだそうです。

アスリートは実は免疫剤を飲みながら運動している

マラソンなどの長時間有酸素運動をする競技の選手たちは、風邪を引かないように免疫剤を飲みながらトレーニングしているのだそうです(知らなかったんです)。

常に運動している人たちでも免疫が低下するなら、私のような太った一般人がいきなり毎日のように運動しはじめたら、そりゃ身体も驚きますよね(もともとは運動部に所属していたので、運動自体はしていたんですよ、昔は)。

私は運動しすぎるとご飯食べれなくなるタイプで、ジムに通って運動するようになってから、ご飯を食べる量自体も減っていた(適正になった)のですが、このように免疫が低下した状態で栄養が減るのはとてもまずいことのようです。

それで久しぶりに風邪を引いたのかーと納得しました。

有酸素運動でダイエットするならタンパク質が重要

身体が慣れるまでは、食事は変えないほうがいいそうです。そして、とにかくタンパク質をとれ、と。

傷ついた筋肉を治すのに、素材が必要ですもんね。タンパク質。

そして、筋肉つける目的で筋トレをする人は週2回ぐらいがいいそうですが、痩せる目的で筋トレや有酸素運動をする私のような人は週4回とかたくさん運動しても全然問題ないそうで、むしろそのほうが良いとのことでした。

週4回泳いだら食事減らさずに10キロ痩せたというブログを読んで、ジムに通い始めたのですが、いきなり運動をはじめたことで身体が驚いたんですね。

ちなみに、この反応、かなり教科書通りのようです。

「ダイエット目的でジムに通い始めたらいきなり風邪を引いた」

ある意味、しっかり運動が身体に効いていると考えて良いとのことでした。

前屈でお腹がつっかえたり、背泳ぎで背中の肉が邪魔だったり、太った身体はいろいろ不便なのですが、そのへんも「そのまま運動を続けていたら、身体が運動仕様になって、次動くときのために脂肪減らしておくかーと動き始めるから。楽しみにしてて」とのことでした。

はい、がんばってジムに通います。

ではまた。

 - ダイエット・ブログ